プライバシーの保護

高層ビルの窓

一戸建て住宅に住むメリットは多いですが、そのメリットを知っている事は重要な事です。ここでは一戸建て住宅に住む事で、どんな良い事があるのか紹介していきます。まず大きいのがプライバシーが守られるという事です。アパートやマンションなどでは、ひとつの建物を共有して暮らす必要があるため、どうしてもプライバシーがないのです。部屋で音をだせば近隣の住民が迷惑をするし、子供が部屋で踊れば下に住む住人から苦情がきてしまうのです。そういった音が筒抜けのため、安心して騒ぐ事ができないのです。また玄関をでたらすぐに隣人と会う機会も多く、玄関から部屋の中が丸見え状態になってしまう事もあるのです。一戸建て住宅ならば、住宅が独立しているためそういった心配をする必要はないのです。

また一戸建て住宅は、窓が多くついているため、風通しが良く明るい部屋で暮らす事ができるのです。集合住宅というのは、窓がベランダ側にしかついていないため、リビングは明るいのですがその他の部屋は暗いのです。ですからトイレやお風呂は照明がないと真っ暗になってしまうため、必ず照明をつける必要があるのです。一戸建て住宅はトイレも窓を設置してある事がほとんどで、明るく換気も窓を開ける事ですばやくできるのです。特にトイレのような場所は、日光を取り入れた明るい個室にしておく事で、気持ちよくトイレにいる事ができるのです。また汚れも目立ちにくくなり、綺麗に見えるのです。お風呂にしても窓がある事によって、換気が簡単にできるため、カビが発生しなくなるのです。

デカイな家